トップページ >  目の悩み >  加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とはどんな病気なの?

視野の中心部が黒くなったり、ゆがんだり、ぼやけて見えてしまう症状。網膜の黄斑部に痛みを伴うことがあります。黄斑は網膜の中で最も重要な部分で、色を識別する細胞のほとんどが集約されているところ。ですから、ここに異常が生じると、視力障害を起こしやすいのです。

加齢黄斑変性はその名の通り、加齢が原因で起こると考えられています。はっきりとした原因は解明されていませんが、網膜色素上皮細胞の加齢による老化現象が原因と考えられています。予防するためには、しっかりと栄養を与えることが大事であり、特にルテインが加齢黄斑変性には効果的といわれています!

目の病気を予防したり、辛い症状を改善するには?


アントシアニン 毛様体をサポートする成分。老眼や白内障の予防に作用。
ルテイン 網膜をサポートする成分。加齢黄斑変性の予防に作用。
ビタミンA 角膜をサポートする成分。ドライアイを改善。
ビタミンC 水晶体をサポートする成分。白内障の予防に作用。
DHA 視神経をサポートする成分。視力や疲れ目に作用。


目はそれぞれのパーツが複合的に働くことで、その機能を発揮することができます。ですから、目の健康をキープするためには、特定の栄養分を摂取するのではなく、バランス良く総合的に摂取することが大事です。

したがって、緑内障・白内障・加齢黄斑変性・飛蚊症などの病気を予防したい方や、眼精疲労・老眼・ドライアイなどの悩みを改善したい方は、これらの成分が全て配合されたサプリメントを選ぶ必要があります!